ピルでのニキビ改善と中毒域について

ピルは避妊薬になりますがニキビ改善に繋げる薬としても使用することが可能となっています。
何故ピルがニキビ改善に繋がるかと言いますと、ニキビができる原因の一つに皮脂の分泌量の増加があるのですが、これは男性ホルモンの増加と非常にリンクしているのです。
ですから、ピルを服用して女性ホルモンを増やしてあげることによって、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えてニキビを改善させる訳です。
特に大人になってからはストレスや疲れといった要因もありますが、これらによってホルモンバランスが崩れてしまいますから薬にって女性ホルモンを増やして、ニキビ改善させるのです。

しかし、ピルには中毒域というものがありまして、基本的に継続して服用し続けるものではありません。
特に低用量ではないピルの場合は中毒域が広いだけではなく、副作用もありますから服用には注意が必要でしょう。
特に注意して頂きたい方ですが、妊娠や授乳中の方やタバコを吸われている方や他の薬を服用している方です。
妊娠や授乳している方はホルモンが安定している状態がベストになりますので、外からホルモンを与えてバランスが崩れるとさまざまな悪影響がでます。
タバコを吸われている方の中でも35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う方がピルを服用すると血栓症になりやすいと言われています。
他の薬を服用されている方ですが、他の薬の作用を強めたり、弱めたり、またピルの効果を薄めたりとさまざまな状況が想定されますから事前に医師に相談して服用していいのか確認する必要があるでしょう。

このようにピルはニキビ改善にも繋がりますが、中毒域が広く副作用もありますから継続して服用するものではないと認識した方が良さそうです。

ページトップへ