月々のピルの購入費用と服用時の体重増加について

月々の低用量ピルの購入費用ですが、利用するタイプによっても金額は異なります。だいたい1シートで1800円から2100円くらいですが、これに診察料や再診療が発生します。また、利用する医療機関によっては、血液検査をする費用が別途発生することもあります。血液検査については、3000円から4000円くらいです。クリニックによっては、再診の時は再診料話で、医薬品のみの費用となることもあります。医療機関によって金額には違いがあるため、利用時には事前に確認をすると安心です。

緊急避妊のモーニングアフターピルになると、費用は高くなります。これも利用するクリニックにもよりますが、5000円前後ですから、通常よりも予算は多めに用意して病院へ行くことです。

ピルを服用するようになりと、体重が増加するといった変化を感じることもあります。ピルを飲むようになると体内に通常よりも、水分を溜め込みやすくなります。エストロゲンのホルモンがピルには含まれていますが、これが体の中のナトリウム貯留を増やします。ナトリウム貯留増加はむくみにもつながるため、こういったことも体重が増えることに関連している可能性があります。

黄体ホルモンのレボノルゲストレルも含んでいますが、これが男性ホルモンのアンドロゲンを刺激する働きがあります。作用が強く出た場合、脂質代謝によって体重が増えることがあります。肝機能障害を持っている人も、服用によって体重は増加しやすくなりますが、低用量ピルの場合だと、あまり心配ないと言われています。ピルを飲むことで、食欲が増進される可能性もあります。食欲が出てくるのは体調が良くなるためであり、元気になるということでもありますが、食べる量は気をつけることです。

ページトップへ